ビルメンデス

「ビルメンテナンス」と「ヒルナンデス」って似てるよね。

ビルメンデス

暖かくなってきたので、捨てるつもりで服と本を売ってきた話

スポンサーリンク

ビルメン(設備管理)の仕事に転職してから丸2年。

前職のアパレルメーカー時代、月5万は服飾へお金を掛けていたんですが、今ではそれが年間で5万使うくらいのレベルになってしまった僕。

私服勤務OK(というか強制)の環境から、制服有りの仕事になった影響が出まくってます。

 

 服の趣向も変わってきた

以前はちょっとひねりの効いたトラッドな雰囲気が好きで、シルエットも細さこそ正義!といった具合でした。

好きだったのはREATS TAILOR ZAZOUS(リーツテイラーザズー)というドメスティックブランド。

REATS TAILOR ZAZOUS | リーツテイラーザズー

 

英国のモッズな雰囲気が基幹になっているブランドで、中でもシャツのシルエットが抜群。ウエストダーツの取り方、着丈、襟と僕の好みと体型にバッチリ合ったブランドでした。

が…、名古屋から出店撤退してしまってからはお店で試着できないんで買わなくなってしまったけれど。現在、直営店は東京にしか無いみたいです。

 

そうこうしてるうちに、ファッション自体への熱も冷めてきたのもあると思うけれど、どんどんシンプルな服を好むようになってきました。

 

ベーシックなアイテムにベーシックなカラー。同じような着こなし。と、昔はあんなに楽しかった服のコーディネートなんかがめんどくさい感覚。

ブロガー界隈を見ていると「ミニマリスト」みたいなのを良く見かけるので、そこに触発されてる感も否めない。

 

シャツにはそれなりにこだわりがあったのが、今では無印良品のシャツでいいや、って感じ。

いや、無印良品のシャツが素晴らしく良いってのもあるんですけどね、1000円値上がりして2980円になったとは言え、あのクオリティは素晴らしい。

シルエット的にも悪くないし、着丈も丁度いいです。生地も良い。

 

おっと、脱線してますね。

 

ともかく、シンプルな服が好みになってくると、以前は好んで着ていた服が今見るとちょっとキツい。(デザイン的な意味で)

 

処分することにしました

暖かくなってきたしね!

断捨離って言葉、カッコいいからやってみたいと思ってたし。

なんか必殺技っぽい。テイルズシリーズ感。

 

とは言え、そこそこお金を掛かってるだけに普通に捨てるのもなんか勿体無い。

上手いことやる人ならヤフオクやらメルカリやらでそこそこの値段で捌けるんでしょうけど、そこに時間かけるのもめんどくさい。

 

ってなわけで、古着の取り扱いがある店に持ち込んで売ることにしました。

これなら即金で貰えるし、捨てて0円よりはマシ。

ここ一年で袖通してない服は全部売ろう!って事で整理していると、妻から「ついでに要らない本も売ろう」と提案があってそっちも整理。

 

ぼちぼちの量になりました。


f:id:yamapi33:20160321191545j:image

 

  • ボトム4
  • シャツ11
  • ニット7
  • ライトアウター2

手前にある筒状の袋は、HELLY HANSENっていうアウトドアブランドのマウンテンパーカー(上下セット)。

 

全部トータルするとこれだけでも20万分くらいなのかな。過去、何度か要らないのはまとめて売ってたんですが、知らぬ間にまた溜まってましたね。

どれも過去にはそれなりに着たんで元は取ったでしょう!と自分に言い聞かせます。

 

で、妻の本(一部僕のもあり)がこんな感じ。
f:id:yamapi33:20160321191641j:image

【椎名くんの鳥獣百科】【ヴァンドレッド】はダブりで持ってたやつ。

 

f:id:yamapi33:20160321191835j:image

上段に写っている【匿名の彼女たち】は、妻がジャケ買いしてきたら中身は全国の風俗街をレビューした漫画だったというエピソードがあります。

漫画自体は僕的には結構面白かったけど、既婚者が手元に置いとくのも…って事で。

 

f:id:yamapi33:20160321192305j:image


f:id:yamapi33:20160321192325j:image

この辺りは全部妻の本です。

取っておくまでもないと判断した少女漫画やら、

ジャケ買いしたものの微妙だった本など。

 

妻は、僕と違って「漫画のジャケ買い」をします。

事前に評価やらレビューやら吟味しまくる僕には凄く新鮮。

 

本(ほぼ漫画)は大体60冊ちょっとでした。

 

 

売りに行ったのは近所の古着も古本も取り扱いのある大型のリサイクルショップです。

店名はモロに住所バレそうなんで一応伏せときますが、全国区でないローカルなとこです。

 

持ち込んで待つこと30分程度。

査定額は10086円でした。

 

服がざっくり20万円、本も1冊400円としてざっくり2万4千円。

 

…なんて元値を考えると非常に微妙な気分ですけれど、先にも書いた通り捨てたら0円だったわけで。それを考えたらマシだよね!よし!

 

最後に

そういえばどれがいくらだったのかってレシート貰ってないんだけど…

まぁいいか。

こんなレベルの適当でめんどくさがりな人間にはこんな売り方でも一応お金になりますよってお話でした。

ヤフオクやらメルカリやらやれる人ってすげぇ…

 

 

現金を受け取って帰ろうとすると、

「すみません、これウチでは買い取れません…」といくつか本を返されました。

 

f:id:yamapi33:20160321230252j:plain

 

男性同士がxxする、俗に言うBL本でした。

「ホ○本も確かにあるけど、世界一初恋とかnaked apeの本は○モじゃないのに!」と不満そうでした。

男性が2名で表紙に写っているとBL認定されるのだろうか。

 

 

妻のホ○本を売りに行き、それが買い取れないと返却された夫の気分は…

 

お察し下さい。

 

 

おわり

スポンサーリンク