ビルメンデス

「ビルメンテナンス」と「ヒルナンデス」って似てるよね。

ビルメンデス

「GPD WIN 2」の画像がリーク!スペック・変更点・発売日まとめ

スポンサーリンク

大ヒットした超小型ゲーミングPC「GPD WIN」の発売から約1年が経ちました。

 

その後継機とされる「GPD WIN 2」の情報が2017年中に発表される?との噂がありましたが、遂に先日モックと思われる画像のリークがありました。

いよいよ信ぴょう性が高まってきた「GPD WIN 2」について、現状で分かっている情報についてまとめてみます。

リークした画像

今回画像がリークしたのは、YouTubeの「The Phawx」というアカウントがアップロードした動画からです。

 

ニンテンドー3DS風の外観はそのままに、ゲームパッドの配置やカラーが変更しているのが分かります。

アナログスティックが外側に来ていますね。

 

また、操作方法の切り替えが「GPD WIN」では【DirectInput / マウス / XInput】と3種類だったところ、「GPD WIN 2」ではDirectInputがオミットされ2種類になっていることが確認できます。

 

DirectInputは「GPD WIN」でも不具合があった操作方法で、実質マウスとXInputの切り替えしか使っていなかったので問題はなさそうだな、というのが個人的な感想。

 

キーボードも、PCゲームでよくキーが割り当てられる【W・A・S・D】と【▲▼▶◀】はオレンジで目立つよう着色されるなど、ゲームプレイ時の快適さを追求しているような印象を受けます。

 

また、初代では画面がキーボードと干渉して画面を閉じていてもスリープから自動復帰してしまうという不具合が見られましたが、この画像ではキーボードの端にゴム足のようなものが見られるのでその辺りも改善されそうですね。

 

GPD WIN 2のスペック・初代GPD WINとの比較

  GPD WIN 2 GPD WIN
OS Windows 10 Windows10
CPU
Intel Core m3 7Y30
Intel Atom x7-Z8750
GPU Intel HD Graphics 615 Intel HD Graphics 405
メモリ 8GB (4GB変更のオプションあり?) 4GB
ストレージ 128GB eMMC または SSD 64GB eMMC
接続ポート USB Type-C、USB 3.0、micro HDMI
オーディオ、microSD
USB Type-C、USB 3.0、mini HDMI
オーディオ、microSD
備考 M.2スロットが追加  

赤文字にした部分が変更点です。

情報ソース:Big compilation of GPD Win 2 info! : gpdwin

 

CPU、メモリ、ストレージと全て性能アップしています。

CPUのCore m3 7Y30はモバイル端末に搭載されるCPUとしては現状最高峰で、上記ソースページによれば

Relative Performance: 250% CPU, 220% GPU

と、初代GPD WINと比較して2倍以上のパフォーマンスを発揮できるとのこと。

その分(Atomと比較すると)消費電力も増えているのでバッテリー持ちは気になりますが、嬉しいスペックアップですね。

 

また、ストレージにはSSDが採用される可能性があり、そうなると体感速度は大幅に向上するのは間違いありません。

 

ハード面の変更点

現在リークしているヒンジ部分の図面です。

初代GPD WINではL3、R3がキーボード側に配置されていたため、一部のゲームでは実用性に難ありと言われていましたが、「GPD WIN 2」ではR1、L1の隣に配置されるよう変更になりました。

 

また、mini HDMIからmicro HDMIへ変更、グリーンで囲ってある箇所にはM.2スロットが追加されるようです。

ストレージはここに収まるのか、増設用スロットなのかはまだ分かりません。

  

発売日・価格について

2017年10月現在、まだ正式な発売日・価格は決まっていません。

しかし、上記ソースページには【2018年中にリリース】とあり、

GPD WINが2016年2〜3月からクラウドファンディングを開始、10月〜発送、GPD Pocketが2017年2月からクラウドファンディングを開始、7月〜発送といった流れなので

 

「GPD WIN 2」は2018年1〜2月よりクラウドファンディング開始、そこから半年ほどで到着というのが僕の予想です。

 

また、上記ソースページでも【価格は高くなる】とあり、初代はもちろんGPD Pocket以上、600〜700ドル程になる可能性もありえるかと思います。(それ以上かも)

 

こちらについては、また分かり次第追記していきます。

 

初代GPD WIN、GPD Pocket、どちらもクラウドファンディング出資者へ行き渡る前に一般販売がスタートするというGPD社のいい加減な対応に不信感があるので、個人的にはしばらく様子見のつもりです…w

 

GPD WIN 2 まとめ

  • 初代からスペックは大幅アップ
  • ゲームパッド部分、キーボードの配置が変更
  • 2018年中に発売予定
  • 価格は未定だが、初代より高くなる

 

最後に

初代と比較すると更にスペックアップし、操作性も向上しそうな「GPD WIN 2」。

楽しみなのは間違いないですが、まだ発売どころか公式発表もされていないのが現状です。

 

初代を買おうか迷っているけどGPD WIN 2が出るなら待とうかな、と考えている方は今から更に1年近く待つことになる可能性があります。

 

一方、初代GPD WINは度重なるマイナーアップデートを経て完成度も上がり、価格もAmazonで4万円台前半と落ち着いてきています。

発売から1年程経過しましたが、まだまだ小型機としては十分なスペックですので選択肢としてはアリでしょう。

 

また新たな情報が分かり次第、記事更新の予定です。

 

おわり 

スポンサーリンク