ビルメンデス

「ビルメンテナンス」と「ヒルナンデス」って似てるよね。

ビルメンデス

格安でデュアルモニターにできる!Loctekのモニターアーム「D8D」レビュー

スポンサーリンク

f:id:yamapi33:20180723222737p:plain

導入したら間違いなく快適なんだけど、初期費用が結構掛かるんだよな…と敬遠していたデュアルモニター環境。

なんですが、先日のAmazonプライムデーでacerの27インチモニターを30%OFFで購入することができたので、いよいよ導入することとしました!

 

さて、いざデュアルモニターにしてみよう、と思ったところで試してみたかったのがモニターアームです。

モニターの台座部分が無くなるので、デスク上のスペースが広くなり見た目もスッキリするといいことずくめ。そして何より見た目がカッコ良い!

 

f:id:yamapi33:20180723204901j:plain

どうでしょう、なんかデキる感あって良くないですか?

 

そんなわけで、モニターアームを検討していたところ、モニターアームやスタンディングデスクを製造しているメーカー・Loctek様より「商品を試してみませんか?」と提案をいただきましたのでレビューしていきます。

Loctekのデュアルモニターアーム「D8D」

  • ガススプリング式なので移動が楽
  • クランプ方式とグロメット方式で取り付け方法を選べる
  • USB3.0ポート2つ付き
  • 1万円程度で購入できる

簡単に特徴をまとめるとこんな感じです。

では早速取り付けしていきましょう。

 

内容物

f:id:yamapi33:20180723205929j:plain

f:id:yamapi33:20180723205944j:plain

デザインより分かりやすさを重視したパッケージになっています。

内容物は

  • アーム本体
  • 取り付け用クランプ一式
  • 取り付け用グロメット一式
  • クッション材
  • ケーブルカバー
  • ビス・ワッシャー・六角レンチ(2本)

です。

 

f:id:yamapi33:20180723213659j:plain

六角レンチはサイズが2種類あり、大きい方には+ドライバーの機能もあるので、かなり大変ですが一応工具を持っていなくても付属品のみで組み立てが可能になってます。

 

もちろん、自前のドライバーがあるならそちらを使うのが良いですね。

 

取り付け 

f:id:yamapi33:20180723210640j:plain

僕の使っているデスクにはグロメット方式で取り付けるような穴はありませんので、クランプ方式で取り付けていきます。

分かりやすい日本語表記の図解でマニュアルがあるので、読めばほとんど誰でも設置できるでしょう。難易度的にはニトリやIKEAの家具組み立てレベルですね。

 

f:id:yamapi33:20180723211056p:plain

さて、組み上がったし取り付けるぞ、というところでトラブル発生。

我が家のPCデスクは、脚用のスチールバーがあるせいで、天板をクランプで挟むにも隙間ができてしまいました…

 

f:id:yamapi33:20180723211302j:plain

f:id:yamapi33:20180723211316j:plain

そんなわけで、止む無くホームセンターでスチールバーと同じ厚みの木材を購入してビス止めするという工程が発生しています。

モニターアームの導入前には、自身の環境が対応しているのか確認してから購入しましょうね(当たり前)

 

ビス止めには電動ドリルがあると便利です。

僕の愛用しているBOSCHの電動ドリルは、トルク調整こそできませんが、家具の組み立てレベルであれば作業効率が大きく向上するので、買っておいて損はありません。

何より老舗メーカーの安心感がありつつ、コードレスで安いのがおすすめポイント。

クランプで挟み込んだら、モニターを取り付けていきます。

f:id:yamapi33:20180723213322j:plain

業界標準規格であるVESAの75mm×75mm、100mm×100mmのどちらかであれば取り付けが可能です。取付予定のモニターをよく確認しておきましょう。

 

f:id:yamapi33:20180723213623j:plain

f:id:yamapi33:20180723213636j:plain

Loctekのモニターアームは、ケーブルをアーム内に隠蔽が可能です。見た目がかなりスッキリするのでこれは嬉しいポイントでした。

 

完成図

f:id:yamapi33:20180723212728j:plain

はい。そんなわけで設置してみるとこんな感じになります。

27インチ×2台ということで、かなりの作業領域になりました。

片方は縦画面にするのが憧れだったので満足度はかなり高いですね。ただ、Twitter閲覧専用になるのではという恐怖があります。

 

マニュアル通りに取り付ければ、30分程度で組み立てが可能です。

アームがなかなか重いのと、ガススプリング式ということで最初のモニター取り付けに関しては2人でやったほうが安心かもしれません。

 

動作イメージ 

f:id:yamapi33:20180723204528g:plain

動作イメージ

使ってみての感想

USB3.0ポートが便利

f:id:yamapi33:20180723214553j:plain

モニターアームの台座部分にあるUSB3.0ポートがいい仕事してます。

PCのポートをそのまま卓上に延長できるので、抜き差しのためにわざわざ動かなくちゃいけなかったのが改善されていい感じです。

もちろん、端子のケーブルをそのままACアダプタに繋げば充電用端子として使うことも可能です。

 

作業領域を広く取れる

モニターアームを使う前と比較すると、モニター下にできた空間のおかげでかなり作業スペースが広くなりました。

書き物をする際にサッとキーボードをモニター下にやったり、本を雑に置いておいても邪魔にならなくなりました。

 

デュアルモニターの作業効率はやはり素晴らしい

想像していたとおり、やはりモニターが2枚あるというのは便利です。

例えばブログ記事を書く際、今までなら商品リンクのURLを取得するために一度画面を切り替える必要がありましたが、デュアルモニターなら2枚目に開いておけるのでシームレスな作業が可能ですし、調べ物をするにも複数のタブを同時に開いておけるので効率よく作業ができます。

 

まとめ

モニターアームというと、エルゴトロンのイメージがあって導入に結構な金額がかかるものという印象でした。

しかし、今回紹介したLoctekの「D8D」であればガススプリング式の本格的なものが1万円ほどで購入できます。

 

しかも、安かろう悪かろうではなく、見た目の良さや使い勝手にも優れたコストパフォーマンスの良い製品となっているのが素晴らしいですね。

僕のようにモニターアーム、デュアルモニターを使ったことがないという方の、最初の一台にもおすすめです。

  • ガススプリング式なので移動が楽
  • クランプ方式とグロメット方式で取り付け方法を選べる
  • USB3.0ポート2つ付き
  • 1万円程度で購入できる

 

Loctekでは、他にもスタンディングデスクやデスク付きのエアロバイクなど面白い商品も取り扱っているので、そちらもぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク