【2019年版】Amazonで買ってよかったものまとめ

SAT「建築物環境衛生管理技術者(ビル管)講座」レビュー|動画で分かりやすいおすすめの通信講座

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビルメン

独学でビル管理士に合格する為の方法でも紹介していますが、建築物環境衛生管理者(ビル管理士)は、ビルメンをやっていくなら是非とも取っておきたい資格です。

しかし、出題範囲が広く、試験は年に1度きりということもあり、「受けるなら無駄なく一発で合格したい」と誰もが思うはず。

 

今回は、そんな建築物環境衛生管理技術者をはじめ、ビルメン4点セットなどの現場系資格に特化した通信講座を展開しているSATの【建築物環境衛生管理者(ビル管)講座】をレビューしていきます。

 

SAT公式サイトはこちら

全額返金保証付き! SATの通信講座 公式サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SAT(サット)とは

SATってどんな会社?という方もいらっしゃると思うので、簡単に会社概要を載せておきます。

 

会社名SAT株式会社
法人化年度2013年
所在地大阪本社
〒564-0051
大阪府吹田市豊津町9-1 パシフィックマークス江坂 18階
事業内容各種資格の教材作成・販売
資格対策講習会の開催
e-ラーニングコンテンツの作成

資格講座

ラインナップ

・建築物環境衛生管理技術者(ビル管理技術者)
・危険物取扱者 ・消防設備士
・給水装置工事主任技術者
・2級ボイラー技士
・第三種冷凍機械責任者
・エネルギー管理士(熱)

・第三種電気主任技術者
・第一種電気工事士
・第二種電気工事士
・第1級陸上特殊無線技士

・建築施工管理技士
・土木施工管理技士
・管工事施工管理技士
・電気工事施工管理技士

・衛生管理者

公式サイトhttps://www.sat-co.info/

2013年より法人化された、比較的新しい会社ですね。

「技術系の国家資格の教材は、他(法律系・公務員系)と比べて遅れているのを何とかしたい」

という理念で運営されています。

 

分かりやすさを重視し、感覚的に理解しやすい【動画】に力を入れた教材を作っています。

これはYouTubeなど、ネットでの動画視聴が身近になった現代と非常にマッチしているなと感じますね。

 

ビルメン4点セットのような設備系の資格や、建築施工管理、衛生管理者など、現場系の資格に特化した講座を、全て講義動画付きで展開している会社です。

 

SATの建築物環境衛生管理技術者(ビル管) 講座の内容・特徴

合格に”必要な分だけ”を効率よく勉強できる

SATの教材は、とにかく試験合格だけを目指した無駄のない内容になっています。

 

現場でよく言われるのが、

「資格試験でやったことって、正直現場じゃ使わないこともたくさんあるよね」

という事。

要するに、試験の合格を目指すならテキストを網羅するのではなく、頻出のポイントを押さえて学習するのが一番ということです。

 

そもそも資格がなければスタートにすら立てませんから、まずは効率よくサクっと資格を取るのが先決です。

 

SATでは毎年の試験から傾向を徹底的に分析し、合格には必要のない学習内容は思い切って削ることで本当に必要な部分だけを繰り返し学習できるテキスト・講義に仕上げています。毎年1回以上は改定されていることからもその点が伺えますね。

 

また、テキストについては

  • フルカラー
  • 図や表が多い

という事で、視覚的にも分かりやすく、記憶に定着しやすいのも◎。

 

テキストとリンクした分かりやすい講義動画

SATの通信講座の真骨頂が講義動画です。

サンプルの動画がありますので貼っておきます。

2019建築物環境衛生管理技術者講座サンプル

 

で、これは実際のテキストの写真です。

 

見比べて気がついたかと思いますが、講義動画はテキストに沿って講師が解説をしてくれる構成になっています。

いくら分かりやすいテキストと言っても、やはり初めて見る数式や聞き慣れない用語など、独学するには時間がかかることも正直ありますよね。

その点、講義動画ではテキストに載っている中でも更に重要なポイントを分かりやすく解説してくれるので、効率よく理解できるようになっているわけです。

 

動画とテキストでは3日後に残る記憶の割合が大きく異なり、一説には動画を使っているのとそうでないのでは学習効果に7倍もの差があるとも言われているようです。

繰り返し観ることも、一時停止したり巻き戻すのも自由なので、自分のペースで効率よく学習を進めることができます。

 

スポンサーリンク

おすすめポイント

eラーニングでスキマ時間を有効活用できる

SATの講義動画が優れているのがeラーニングに対応してこと。

スマホやタブレットでも講義動画が見られるのでスキマ時間でも学習できますし、ゴロ寝ついでに動画だけ見るなどもできます。

また、音声データのダウンロードも可能なので、例えば車の運転中や満員電車などでも勉強の習慣を作ることができます。

 

この画像は動画のキャプチャです。

このように、動画では講師の解説とともに、画面上で書き込みされながら進行していくので理解度が高まる仕組みになっています。 

 

動画講義が受けられるビル管の通信講座はSATだけ

講座名価格備考
SAT34,800円(Eラーニング)テキスト+問題集+動画講義+質問サービス
JTEX 25,920円テキスト+問題集+レポート添削
JETC28,000円(模範解答集を含むコース)テキスト+問題集+質問サービス

 

建築物環境衛生管理技術者(ビル管)の通信講座を比較してみました。

他の設備系資格と比較すると、そもそもビル管の講座を取り扱っている会社自体が少ないのですが…

 

SATが他の通信講座と大きく異なる点としては、やはり動画による講義を唯一取り扱っているという点ですね。

やはり、分かりやすさという点やスキマ時間の有効活用という点で動画講義(音声のみのDLも可能)ができるというのは大きなアドバンテージと言えると思います。

 

SATだけのトリプル保証

SATの通信講座のおすすめポイントの一つに、“トリプル保証”というものがあります。

 

30日間返金保証

当社の教材にご満足いただけなかった場合は、教材料金を全額返金させていただきます。
※送料、振込手数料、代引き手数料はお客様負担とさせていただきます。
以下の場合は、返金処理対象外となります。
1)商品到着から30日を超えている場合
2)DVDをすべて開封されている(1枚目は視聴後でも問題ありません)
3)e-ラーニングは有料講座を視聴されたとき
4)テキストに書き込みが見られる場合

SAT以外の電気工事士通信講座では、8日ほどで返金保証期間が終わってしまうのに対して、SATはかなり条件の緩い30日まで返金保証があります。

 

破損・不具合DVDの交換

購入したDVDを破損してしまった場合や不具合があった場合にはご購入から1年間無料で交換いたします。
不良品をお手数ですが、当社まで郵送してください。

これはよくある不具合対応ですね。

 

不合格時のサポート期間延長 

試験に残念ながら不合格であった場合に不合格通知書のご提示をいただくと、質問対応回数が初期状態にリセットされます。
※受付期間及び質問対応期間の延長は、eラーニング視聴期限から6か月です。

SATでは、わからない箇所について10回まで質問することができます。

万が一不合格になってしまった場合はこの質問回数がリセットされ、再度10回まで無料で質問が可能になるサービスです。

 

実際の教材レビュー

そんなわけで、実際の教材を入手してみましたのでレビューしていきます。

eラーニング+DVD講座です。

 

内容物は

  • 講座ガイダンス
  • テキスト①~④
  • 精選問題集
  • DVD(16枚)

です。

その他、アンケートや後述の「教育給付金制度」についての用紙などが入っていました。

 

4冊あるテキストは、ビル管の試験範囲を4分割して掲載しています。

講義動画はトータルで約31時間となっています。

ビル管は範囲が膨大な試験なので、全体を網羅しようとするとこれくらいは仕方ありませんね。

 

SATの講座は講義動画がメイン

 

ガイダンスに載っている、SATの学習法についての解説です。

合格者の方の特徴

  • 学習効率の上がる朝に学習時間を確保している
  • 講義で分からないことがあっても、とりあえず一通り講義視聴を終える
  • 講義視聴は1回だけでなく2~3回、2回目以降は倍速で視聴している
  • インプットの時間をできるだけ早く終え、問題演習などのアウトプットの時間に多くを使っている
  • 選択問題では「選択肢のどこが誤っているのか」まで、理解している
  • 1年に1回の試験では4か月前からは最低1日3時間以上学習している

このように、「試験に合格するため」の学習方法で効率よく学習させようというスタンスの講座になっています。

 

DVD講座の場合は、このように「開封すると返品不可となります」というシールが貼られたDVDと、そうでないDVDが分かれているので、まずは1枚目のDVD(eラーニングなら無料講座まで)で、SATの講座が続けられそうか判断する必要があります。

 

フルカラーのテキストは見やすい!

テキストの1ページです。写真や図解が豊富で、覚えるべき箇所は赤文字になっているなど視覚的に分かりやすいテキストになっています。

更に、実際の講義動画で重要ポイントを絞って解説してくれるので、かなり効率の良く学べるようになっています。

この辺りは動画講義があるSATならではです。

 

問題集は1問1答の表記

「精選問題集」はモノクロ印刷の1問1答表記の冊子になっています。

個人的にはこのタイプだと問題を読んでいる最中に答えが目に入ってきてしまうので、「赤本」の併用がおすすめですね。

 

SATの建築物環境衛生管理者(ビル管) 講座は「教育訓練給付制度」に対応

SATのビル管講座は、条件を満たすと国から通信講座の費用(送料、代引手数料を除く)の2割が支給される「教育訓練給付制度」の対象になっています。

ビル管試験は受験料も高く、免状の発行にもそこそこお金が掛かるので、少しでも返ってくるのは嬉しいですよね。

 

SAT【建築物環境衛生管理技術者(ビル管)講座】の口コミ・評判

ビル管の教材は結構金額が張ったので、何個かレビューを見て、あと動画サイト等で実際に講義を受けてみて、一番分かりやすかったSATさんに決めました。 石原先生の教え方が結構耳に残ったので、実際の試験の時も「こんな風に言ってたな」と頭に残っていて助かった部分が多かったです。 

 

教材のテキストがすごく要点に的を絞ってまして、各セクションごとに過去問もあり、スムーズに抵抗なく最後まで続けられました。あとは苦手だった部分の講義をインターネットで聞けるので、通勤中に聞いたりして定着させていきました。 この試験は非常に設問が多く、範囲も広く、1人で勉強するにはとても大変ですが、この講座を通して信じてやっていけば、必ず皆さんも合格できると思っております。

 

まとめ

SATの【建築物環境衛生管理者(ビル管)講座】をまとめると…

☑ 合格することを目的とした合理的なテキスト

☑ 定評ある講師のわかりやすい講義動画

☑ eラーニングでスキマ時間でも勉強しやすい

☑ 満足できなければ30日間返金保証

☑ 「教育訓練給付制度」で講座料の2割が返ってくる

という感じです。 

 

  • 独学では不安なので解説や質問できる環境で学習したい
  • 1発合格したい

そんな方にはぴったりな通信講座だなと感じました。

 

SATの建築物環境衛生管理者(ビル管)講座を受けてみようか悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

SAT公式サイトはこちら

全額返金保証付き! SATの通信講座 公式サイト

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビルメンビルメンの資格
スポンサーリンク
こんな記事も読まれています
スポンサーリンク
こんな記事も読まれています
ビルメンデス

コメント

スポンサーリンク