読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビルメンデス

「ビルメンテナンス」と「ヒルナンデス」って似てるよね。

【転職】優良なビルメン会社・ビルメン求人の探し方

スポンサーリンク

f:id:yamapi33:20160713231056j:plain

 

すっかりビルメン情報以外がメインコンテンツとなっている当ブログなんですが、

【連絡先】と公開しているメールアドレスにはちょくちょくビルメン志望の方からのメールが届くことがあります。

こんな零細ブログを頼りにして頂きありがとうございます。

 

よく聞かれる質問として、

 

「どうやって求人を探せばよいのか」というものがありました。

 

今回はその点について解説します。

 

良い会社・求人を見分けるコツ

やはり働くなら少しでも良い条件、良い現場に行ける可能性の高い会社に入りたいと思うのが正直なところではないでしょうか。

 

ビルメン求人を探す時のポイントは2つあります。

 

年間休日120日以上

これをクリアしてる会社は高確率でまともだと言えるでしょう。
 
  • コンプライアンス意識が高い
  • 親会社の待遇に合わせてある(系列)

 

このどちらか、もしくは両方でないと設定されない事が多いからです。
 
コンプライアンス意識が高い会社は、キッチリ休みを取らせようとします。
必然的に無理のない人員数、シフトが組まれていたり、残業や休日出勤が発生した場合も手当や代休が発生してくるんですよね。
 
僕は前職が【みなし残業】制度だったので、転職して残業代や休日出勤手当が時間分出ていることに感動したのを今でも思い出します。
 
ちなみに、年休120日以上の会社で泊まり勤務がある場合だと、1年の半分以上が体感では休みなので「こんなんで金貰ってていいのか…?」と実感できるので個人的にはおすすめです。
 
 

賞与(ボーナス)の実績を確認

年間休日をクリアしている会社であれば、おそらく賞与もある程度出る会社ではあると思いますが念のため確認しておくと良いでしょう。
 
ビルメン業界は本当にピンキリが激しいんですよね…
賞与無し、もしくは出ても寸志程度、なんて会社もザラです。
 
「出るだけマシでしょ」という考えも無くはないですが、どうせ働くならやはり少しでも良い待遇を選ぶべきでしょう。
 
会社次第ですが、大手なら3〜6ヶ月分くらいでしょうか。
注意点としては、一部(特に独立系)会社だと基本給をかなり抑えて手当で総支給を上げているパターンが多い事です。
そうなるとボーナス4ヶ月分!(基本給5万)なんて事もありえます。そこは要注意です。
 
この辺りは受けたい会社が出た後にリサーチしたり、面接の際に確認できるのが一番ですがなかなか難しいところですね…
 
ですが、前述の年間休日をクリアしている会社ならそのようなケースは少ないでしょう。
 

ビルメンは現場次第

さて、ここまで良い会社の探し方を解説してきたとこでアレなんですが

そもそもの前提が1つあります。

ちょっと情報を集めるとすぐに出てくる話なんですが、改めて。

 

「ビルメンの仕事は現場次第」

 

これはホントその通りで、現場によってルールも違えば勤務時間、年齢層まで何もかもが違います。

良い会社=良い現場とならないのが怖いとこでもありますw

 

例えば、

僕はオフィスメインの複合ビルなので土日だとほとんど人の居ないビルで仕事をすることになるんですが、これが商業施設だと逆に土日の方が人が多く、その分トラブルも起きやすかったりするし

 

逆に、工事なんかの日程はオフィスだと土日と夜間がメインなのが、商業施設だと平日の夜間だけ、みたいな感じだったりするわけです。

 

よく言われる事としては

  • 病院
  • ホテル
  • 商業施設

が激務だという話。

 

僕はオフィスとちょっと飲食が入った複合施設しか経験が無いですが、確かにそういう現場を経験した人の話を聞く限り大変そうな感じですね。

まぁ、それでも普通の業界と比べたら楽だとは思いますが。

 

可能であればどのような現場への配属なのかもチラっと探ると良いかもしれません。

 

最後に

正直、年休120以上で賞与もちゃんと出るビル管理会社の求人だと、未経験や無資格では新卒でないと正直苦しいかもしれません。
 ペーパーの乙4と2種電工だけで中途入社できた僕は運が良かった側面も否めないです。
 
が、求人情報にアンテナを高く張っていれば巡り合わせの確率も高くなります。
 
 
場合によっては、ある程度妥協して業界に潜り込み、経験と上位資格を取得して
条件の良い会社を探す、もしくは職業訓練学校経由で探すというのも1つの手かもしれませんね。
 
 
ビル管理会社は本当にピンキリの差が大きいので、焦らず慎重にいきましょう!
 
 

その他、ビルメンへの就職、転職に関する記事

 

おわり
スポンサーリンク