ビルメンデス

「ビルメンテナンス」と「ヒルナンデス」って似てるよね。

ビルメンデス

【2017年下半期】買ってよかったものまとめ

スポンサーリンク

f:id:yamapi33:20171208162649p:plain

今週のお題「今年買ってよかったもの」

 

昨年の振り返りからあっという間に一年が経って、今年も続々と「買ってよかったもの」を皆さん紹介していますね。

 

当ブログでは上半期の段階で一度記事にしていますが、下半期もやっていきたいと思います。

 

 

ドラム式洗濯乾燥機

15年選手になりつつあった縦型洗濯機を騙し騙し使っていたのですが、冬のボーナス前借りという体で購入。

共働きで洗濯物が溜まりがちだったのが悩みでしたが、乾燥機付きの洗濯機で全て解決しました。

ヒートポンプ式の乾燥機なのでヒーター式と比べて電気代は4分の1程度、かつ60℃程度の温風なので洗濯物の縮みも少ないといいことづくめです。

 

タオルなんかは仕上がりフカフカで、晴れてても乾燥機で仕上げたいレベル。

何より、干すという工程が全て省略されるので時短にもなります。

唯一のデメリットである価格も、1年前のモデルを購入することでほぼ底値となったのでかなりお得な買い物でしたね。


ドラム式洗濯機は毎年9~10月に新型が発売されるので、その辺りを狙うと型落ちモデルがほぼ底値で買えます。

今回購入したシャープの「ES-ZP1」も2016年発売モデルの上位クラスで、定価なら税込約32万円だったところ、諸経費全て込みで15万円で購入できました。

Synology DiskStation DS216j(NAS)

LAN内のデバイスであればどこからでもアクセスできるという便利さは分かっていたものの、なかなか導入まで踏み切れなかったNASを遂に導入しました!

多機能かつインターフェースもブラウザ上で仮想デスクトップとなっていて、分かりやすいとの声が多い「Synology DiskStation DS216j」は、評判通りの使いやすさ。

HDDは別売なので初期投資は必要ですが、一旦導入してしまえば快適そのものです。

 

僕はチューナー付きPCで録画→自動CMカットという環境でTV番組やアニメを楽しんでいますが、NASに保存する設定にしておくだけで自宅ではもちろん、DS216jなら簡単な設定だけで外出先でもネット環境さえあればアクセスができますし、

これから子どもが生まれるので、写真をNASに保存してアクセス権を設定しておけば離れた実家の父や母への写真共有も簡単。

 

まさに生活の質が上がる買い物でした。

NASの導入を少しでも検討している方はすぐにでも導入することをおすすめします。

後継機(DS218j)が10月に発売されましたが、CPU性能アップ、メモリ据え置きのマイナーアップデートと感じたので、安くなっているDS216jはまだまだおすすめできるNASキットです。

 

スマートフォン用パスケース

通勤用の定期券をコードリール付きパスケースに入れ、鞄に取り付けていたのですが、ある日コードリールが切れて定期券を落とすというトラブルがありました。
幸い、その時は道を引き返したところで落ちているのを見つけることができましたが、定期を6か月更新したばかりで肝が冷えました…。

 

落としたくないけど利便性も…となると、選択肢となるのが外出時はほぼ100%持ち歩くスマートフォンと一緒に持ち歩くのが間違いないなってことで購入。

手帳型のケースが好みではなかったのでポケットを本体に貼りつけるタイプを選びましたが、見栄えはともかくとして手帳型に比べすっきりしているので満足しています。

 

Amazon Fire TV(Newモデル)

2015年モデルのFire TV Stickを長らく使っていましたが、メインで利用しているアプリ・Kodiのレスポンスに不満があったので新型発売のタイミングで購入。

 

我が家には4KもHDRも生かせる環境に無いので単純な処理性能アップのみではありますが、操作時のストレスが無くなっただけでも購入した価値はありましたね。

 

新型Stickで良かったという気もしますが前モデルより値下げされているのでお値打ち感もあって良かったです。

 

アイリスオーヤマ フライパン

もっと早く買っておけば良かった…というアイテム。取っ手が取れるだけで

  • テーブルにそのまま持っていけば大皿代わりになる
  • 洗うのが楽
  • 保存もコンパクト

とメリットだらけでした。「取っ手が取れる」と言えばティファールが浮かびますが、アイリスオーヤマのこれでも十分でした。何より安いのが良いです。

ティファールの半額以下で買えます。

 

節水シャワーヘッド

正直「大差ないでしょ」と思っていたんですが、水流が柔らかくなって気持ち良く、いい意味で裏切られた商品です。

手元にスイッチが付いていて水が止められるのが地味に便利で、手探りでも簡単に止められるのが重宝しています。

価格も安く、交換も簡単なので満足度が高かったです。

 

ディスプレイ・地デジチューナー

 

寝室用のTV環境として導入しました。こちらもNASと同様に初期投資こそ必要ですが、ランニングコストに優れ、自分好みに環境をカスタマイズできるのでコスパの面でも優れているように感じます。

 

詳細はこちら 

 

※余談※

記事の通り、少し奮発してBOSEのサウンドバーを購入したんですが、この時ビックカメラでビットコイン払いにて決済したんですよね。

履歴を確認すると、7月27日に1BTC約28万円のころ0.12BTCにて購入しているんですが、この記事を書いている12月8日に1BTCが一時200万円を超えるところまで高騰しています。結果的に3万円ちょっとのサウンドバーに支払った0.12BTCが今では約24万円という…。とんでもないですねw

 

ASUS Chromebook Flip C101PA

気軽に使えて持ち運ぶにも絶妙なサイズ感で重宝していたC100PAの後継機種。前モデルにあった不満点を見事に解消していて、いよいよ隙のない万人向けのChromebookになっているなという印象があります。僕はリビングでの使用が多く、キーボード付きタブレットのようなカジュアルさで使用しています。

 

詳しいレビューはこちら

 

最後に

来年はいよいよ第一子が誕生予定ということで、好き勝手に自分のものを買える日々は今年で一旦幕を閉じそうです。2018年も買ってよかったものは紹介していきたいところですが、ベビー用品の比率がかなり高まりそうな予感… 

 

「2017年上半期の買ってよかったものまとめ」はこちら

 

「今まで購入してきて良かったものまとめ」はこちら

 

おわり 

スポンサーリンク