ビルメンデス

「ビルメンテナンス」と「ヒルナンデス」って似てるよね。

ビルメンデス

ベビーモニターにおすすめ「スマカメ QR20 ナイトビジョン」レビュー

スポンサーリンク

f:id:yamapi33:20180803224812p:plain

生後半年を過ぎて、いよいよ息子が「寝返り返り」できるようになりました。

以前は仰向けから寝返りしてうつ伏せになってから戻れず、怒って泣いていたことを思うと成長したなぁ…としみじみしています。

 

しかし、そこで気になってくるのが、夜に寝かしつけたあとの息子の様子です。

今までは寝かしつけたあと、四方を枕やクッションでガードしておけば大丈夫だったものが、

寝返り返りでコロコロと転がることができるようになったため、ガードしておいてもベッドから落下しないかとても心配でした。

 

我が家は寝室が2階のため、確認するのに毎回階段を昇り降りしなければならず、それも大変。

何か良い方法は無いものか…と思っていたところ、妻から「ベビーモニターが欲しい」と提案がありました。

 

ベビーモニターとは?

離れた場所からでも赤ちゃんの様子を見守ることができるカメラのことです。

要するに監視カメラですね。

 

Amazonで売れ筋をリサーチしていると、

  • 専用のモニターを使って監視するモデル
  • スマートフォンやタブレットをモニターにして監視するモデル

の2種類が大きく分けて存在しています。

 

両者を比較してみると

 

専用モニタータイプ

HBLIFE ベビーモニター ベビーカメラ ワイヤレス コンパクト 無線 遠隔監視カメラ 双方向音声LED/子守唄ナイトビジョン 防災 防犯り ボイスセンサー搭載 介護 赤ちゃん 出産祝い 見守りカメラ 日本語説明書付き 【24ヶ月保証】

  • Wi-Fiなしでも使える
  • スマートフォンなどが専有されない
  • そのモニターでしか監視できない
  • 外出先からの監視ができない

 

スマホタイプ

Aoleca ネットワークカメラ ペット カメラ 720P 100万画素 監視カメラ ベビーモニター 暗視撮影 スピーカー・マイク内臓 スマホ/パソコン/タブレット対応 動体検知 アラーム機能 日本語説明書付き

  • 複数の端末から監視できる
  • 外出先からでも監視可能
  • 古い端末を再利用できる
  • 使用時はモニターに専有される
  • Wi-Fi必須

 

 一部、この条件に当てはまらないものもありますが、大まかに特徴をまとめるとこんな感じ。

 

我が家では

  • 余っているタブレットがある
  • 僕が仕事に行っている日でもチェックしたい

という希望があったので、スマホタイプを選びました。

 

で、購入したのがPLANEXの「スマカメ QR20 ナイトビジョン」です。

 

PLANEX「スマカメ QR20 ナイトビジョン」

  • 設定・操作が簡単
  • 暗視機能で暗い場所でも写りが良い
  • 動体検知でプッシュ通知
  • 価格が安い

 

寝かしつけたあとの寝室の監視がメインである我が家のニーズにピッタリの商品でした。 

 

設置・設定

f:id:yamapi33:20180802223010j:plain

f:id:yamapi33:20180802221313j:plain

取説にしたがって組み立てると…

 

f:id:yamapi33:20180803223836j:plain

こんな感じ。

 

f:id:yamapi33:20180803223848j:plain

ネットへの接続は無線とLANケーブルの好きな方を選べます。

我が家では無線接続としたので、AC電源の取れる場所ならどこでも監視が可能ですね。

 

f:id:yamapi33:20180802215549p:plain

無線での接続の場合、スマカメ側のWPSボタンを押してから、1分以内にルーター側のWPSボタンを押すだけで接続が完了します。超簡単。

マニュアルも分かりやすいので、誰でも苦もなく接続ができるかと思います。

 

あとは専用アプリで本体背面のQRコードを読み込んだらすぐに見られます。

 

我が家では棚の上にスタンドで設置していますが、ベビーベッドに取り付けたいなどの場合は別売のクリップを使うのが良さそうです。

 

使用感

画質は必要十分

f:id:yamapi33:20180803224021j:plain

本体仕様としては100万画素と、そこまで高い画素数ではありませんが、赤ちゃんの様子を見るには十分な画質といった感じ。(薄茶色のカーテンや枕がパープル系で映っているので、色味はちょっと違いますが)

 

「ちゃんと呼吸してるかな?」という不安も、画面をピンチアウトで拡大できるのでチェックできますし、カメラにはマイクが内蔵されているので音声を聞くこともできます。

 

f:id:yamapi33:20180802222558j:plain

そして、肝心の暗い部屋での画像ですが、これも様子を確認するには十分なものでした。使用目的もばっちりクリアできています。

 

プッシュ通知が便利

f:id:yamapi33:20180802215847p:plain

動体検知機能があり(感度も調整できる)、寝返りしたタイミングでスマホに通知が飛んでくるのがとても便利です。

 

f:id:yamapi33:20180802222213p:plain

四六時中ずっと画面を見ているのは難しいですが、このプッシュ通知のお陰で安心です。

 

専用アプリも使いやすい

f:id:yamapi33:20180802220731p:plain

専用アプリ「スマカメ」は過不足ないUIで簡単です。

縦画面ではメニュー付き、横画面にすれば監視画面を全画面で表示することができます。

 

古いタブレットやスマホをモニター代わりにできる

f:id:yamapi33:20180802221606j:plain

リビングではFire HD 8をモニター代わりにしています

アプリをダウンロードすれば複数台を同時に接続して監視ができるので、使っていないタブレットなどがあればモニター代わりになるのもスマカメ QR20の良いところ。

 

外出先からもチェックできる

仕事では宿直勤務で家に帰れない日もありますが、スマカメを導入してからは勤務中でも息子や妻の様子を見られるようになったのが地味に嬉しいです。

なお、見ていることは通知されないのでこっそりバレずに見れます

 

まとめ

7000円弱と安価ながら、Amazonレビューで高評価なのも頷ける機能性で、満足度の高い商品でした。

画質も十分で、動体検知や暗視機能などの欲しい機能はちゃんとしています。

 

ネットワークカメラというと設定が面倒なイメージがありましたが、スマカメ QR20はWPSボタンで接続して専用アプリをインストールするだけでとても簡単。

 

ベビーモニターが必要ないくらいまで息子が成長しても、ペットの見守りや防犯対策としてそのまま使えるのも良いですね。

 

そんなわけで、ベビーモニターを検討している方はPLANEXの「スマカメ QR20 ナイトビジョン」を検討してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク